攻城戦・籠城戦

城を包囲している時、又は防衛側部隊が城の上にいる時に合戦画面を開くと攻城戦(防衛側から見れば籠城戦)を行うことができる。
戦国立志伝からの新要素
マップ戦闘であるが、防衛側が圧倒的に有利になっている。
具体的には防衛側は敵部隊と城門を挟んで戦うことで、自部隊にほとんど被害がない状態で相手にかなりの被害をを与えられる。
マップは山城1種類、平城4種類、巨城1種類。

攻撃側のメリットとして、
1.十分な兵力を動員すれば圧倒的に短い時間で城を落とすことができる
2.土竜攻めを利用して敵部隊を無視して城を落とすことで、少ない損害で敵部隊を壊滅扱いにできる
などが挙げられる

逆に、急いでおらず適切な特性を持っていないのなら攻城戦はデメリットが大きい
攻城戦・籠城戦に活用できる特性については特殊を参照

国別土竜攻めで直接天守を狙える城


攻城戦

  • 戦力は一ヶ所に集中させるか、複数同時に攻めるかをよく考えたい。
    • 敵は各門に部隊を分散配置する傾向がある。まだ敵の姿が見えていなくても、城門にカーソルを合わせれば守将がいるかどうかは分かる。
    • 敵が少ないなら複数同時に攻撃していきたい。敵が右往左往してあっさり門を破れることもある
    • 逆に敵の部隊が多いなら、分散しているところを一点突破する形で
  • 城門は内側から攻撃する事で一瞬で破壊可能。ルート確保のために破壊しておくのもいいが、奪取後に修理すべき箇所が増えるので、まだまだ乱戦になりそうな場合は要注意
  • 位置取りと攻撃の方向によっては、城門や城壁を飛び越す形で守将を攻撃する事も可能。敵兵が極端に少ない場合などは先に守将を撤退させてしまいたい。高低差のある山城では少々狙いにくい
  • 城門を突破できそうになると、敵守将は次の門へと逃げはじめる。突破後は必然的に乱戦になりやすいので、乱戦強化あるいは敵移動速度低下の戦法が有効に働くだろう
  • 山城は道が狭く、高低差もあって同時攻撃が難しい、攻めにくい構造になっている。強力で兵の多い部隊を中核に据えて周囲はサポートや撹乱に回るか、もしくは交代できるように戦力を温存するか等、工夫したい
    • 普段使いどころの難しい前方味方強化戦法(叱咤や激励)が活躍したりする
  • 「挑発」を使う事で守将を外に引きずり出す事ができる。有効時間は短いので、時間切れですぐ引っ込んでしまうが、上と同じく敵兵の数が少ないなら非常に有効。「離間」もダイレクトダメージ戦法として機能する
  • 「土竜攻め」が使えるなら、城内外での挟撃も狙っていきたい。ただし山城ではかなりルートが限定される。平城はいきなり本丸に到達できる城もある。
  • 天守を落とせば、その時点での敵残存兵力は全て壊滅する。わざと敵援軍が来てから巻き込んで落とす凶悪(?)な手法も有効
    • 平城の場合、援軍は外からやってくるため狙いやすい
    • 山城の場合、援軍は城内に登場するため事故になることも

テクニック

攻城山城.JPG攻城平城.JPG

門を攻撃する際に門を指定すると真正面から攻撃するので敵や門の攻撃を受けてしまう。斜めから門の方向を向くと門や敵からの射線を避けられるので被害を抑える事ができる。(ただし周辺の櫓からは攻撃を受ける上に、門を突破するのに要する時間は増える。)鉄砲を装備している場合は敵にも攻撃が届く。平城の場合は門の隣(画像の■マークの位置)に銃眼があるので銃眼の無い方向から射撃すると良い。(両隣に銃眼がある門もある。)


籠城戦

  • 基本的に射撃中心での戦いとなる。部隊を出撃させる際には弓備や鉄砲備を3つにする事をオススメ
  • ある程度は城を改修しておかないと、あっさり城門が破れるので注意。徹底的に改修すれば各城門の耐久は1000を超え、かなり長時間戦う事が出来る
  • 「狙撃」「狙い撃ち」といった射撃強化系戦法が威力を発揮する。城門がまだまだ保つなら「死兵」のデメリットも気にならない
  • 城門の外に味方部隊がいると、敵は一旦城門ではなく部隊を狙おうとしてくる。「神速」「足止め」などで囮役を務めるのも有効
  • 矢倉や銃眼に上手く☆がつかないときは、部隊の向きを微調整してみること。アップにして兵士の立っている位置を確かめるのも良いだろう
  • 「井楼」を建てる事で矢倉増設のような効果が得られる。一度しか使えず、攻撃中は建設できないので、確実に狙われそうな門に先行して建てる必要があるが
  • 本丸の門が突破されて、このままでは壊滅確実という状況なら、会戦を中断して逃げるという手もある


山城

マップは1種類、天守の位置は

三戸城.JPG檜山城.JPG
三戸城タイプ(左)と檜山城タイプ(右)の2通りある。

三戸城タイプは三戸城、利府城、久留里城、葛尾城、一乗谷城、松倉城、霧山御所、観音寺城、比熊山城、此隅城、月山富田城、山吹城、城井谷城、立花山城、佐土原城、唐沢山城、沼田城、白地城、雫石御所、角館城、壬生城、八王子城、富士吉田城、飯山城、木曾福島城、栃尾城、与板城、魚津城、宅田城、杣山城、金ヶ崎城、苗木城、岩村城 音羽城 信貴山城 高田城 三石城 備中松山城 周防高森城、徳山城、竹田城、大除城、曾根城、大洲城、宿毛城、杵築城、日隈城、秋月城、平戸城、岩尾城、鍋城、佐敷城、塩生城、上原城、帰雲城、飫肥城、佐和山城、新山城、石部城、福智山城、茂別館、須崎城、門川城、岩出山城、海ノ口城、花倉城

檜山城タイプは檜山城、箕輪城、春日山城、七尾城、稲葉山城、小谷城、弓木城、八上城、天神山城、鳥取城、小手森城、猪苗代城、砥石城、海津城、加久藤城、九戸城、鳥海城、小泉城、三春城、横手城、府中城、松代城、松波城、大聖寺城、朝倉山城、勝山城、建部山城、蒲原城、長篠城、郡上八幡城、高原諏訪城、桜洞城、長野城、鎌刃城、朝宮城、槇嶋城、手取城、淡河城、下津井城、翁山城、鏡山城、日野山城、羽衣石城、高津城、天霧城、洲本城、伊沢城、黒瀬城、本山城、大森城、大村城、日之江城、獅子ケ城、高森城、伊作城、権現堂城、国峯城、小諸城、犬居城、根知城、平林城、籾井城、芥川城、黒井城、鉢形城、三刀屋城

多数の櫓が城門狙う敵に攻撃を加えるため、平城に比べて更に防衛側が有利であり、万全に改修をしておけば5倍、10倍の敵を退けることができる。
攻撃側から見て左側に天守がある三戸城タイプの場合、通るルートによって門の数が大きく変わる。





平城

マップは4種類でそれぞれ細部が異なる2種類の8タイプに分けられる

徳山館.JPG米沢城.JPG
輪郭式の徳山館タイプ(左)と米沢城タイプ(右)。

徳山館タイプは徳山館、山形城、河越城、清洲城、姫路城、岡豊城、人吉城、高天神城、鳴海城、長島城、亘理城、小田城、大田原城、深志城、大垣城、清水山城、長船城、引田城、肥前鹿島城、都之城、加治木城、祇園城

米沢城タイプは米沢城、尾山御坊、津山城、中村御所、小弓城、椎津城、野辺地城、寺池城、相馬中村城、真岡城、吉田城、三木城、鷹取山城、高城城、志布志城、垂水城、関宿城、湊城、宇土城


小高城.JPG高遠城.JPG
小高城タイプ(左)と高遠城タイプ(右)。

小高城タイプは小高城、館山城、新発田城、駿府館、伊賀上野城、吉田郡山城、十河城、柳川城、二本松城、国府台城、犬山城、須賀川城、天童城、本佐倉城、松ヶ島城、有岡城、御着城、香宗城、会津新宮城、水戸城

高遠城タイプは高遠城、韮山城、鳥羽城、石山御坊、平井城、那古野城、独鈷城、鶴ヶ岡城、森山城、忍城、安田城、下田城、沓掛城、亀山城、飯盛山城、神吉城、神辺城、櫛崎城、朝倉城、岡城、御船城、平佐城、厩橋城、長谷堂城


岡崎城.JPG黒川城.JPG
岡崎城タイプ(左)と黒川城タイプ(右)。

岡崎城タイプは岡崎城、二条御所、雑賀城、指月城、湯築城、隈本城、新府城、末森城、岩屋城、胆沢城、杉目城、真室城、烏山城、北条城、掛川城、十市城、賀儀城、窪川城、臼杵城、伊万里城、縣城、原田城、延沢城、鳥峰城、陸奥福島城、勝幡城

黒川城タイプは黒川城、宇都宮城、引馬城、筒井城、山口館、勝瑞城、村中城、本宮城、三崎城、小牧山城、高城、花巻城、飯野平城、万喜城、中野城、小山城、横山城、佐東銀山城、鷺ノ森城、知覧城、刈谷城


石川城.JPG高水寺城.JPG
石川城タイプ(左)と高水寺城タイプ(右)。ルートによって門の数が変わる

石川城タイプは石川城、太田城、躑躅ヶ崎館、富山城、高屋城、八橋城、内城、中新田城、玉縄城、岡山城、八戸城、石塚城、江戸城、飯田城、高岡城、安祥城、室津城、能島城、小倉城、勢福寺城、大口城、国見城、小峰城

高水寺城タイプは高水寺城、古河御所、後瀬山城、岸和田城、備中高松城、府内館、肝付城、丸森城、坂戸城、宮尾城、浪岡御所、名生城、岩付城、福光城、亀迫城、桑野城、安芸城、中津城、出水城、佐沼城、浦戸城、安濃津城、小金城

悌郭式の高遠城タイプ、黒川城タイプ、高水寺城タイプは攻城戦において、土竜攻めによって城門をいくつも無視して天守を攻撃できる。小高城タイプ、岡崎城タイプ、石川城タイプは2つ目の門まで回避できる。小高城タイプの本丸城門は大筒が届く。
輪郭式の徳山館タイプと米沢城タイプは土竜攻めに強いが二の丸城門に大筒が届く。
城門や天守の位置は城タイプによって変わり、その微妙な変化によって攻防の難度が変わる。攻め口が多く、櫓に部隊を配置し辛いため防衛面で山城に劣る。


巨城

巨城マップは小田原城・安土城・大坂城すべて共通のマップになっている。
巨城6.JPG巨城5.JPG
巨城4.JPG巨城3.JPG
巨城2.JPG巨城1.JPG

巨城は初期状態で耐久16000もあり包囲しにくい上に巨城天守は士気が下がりにくい。強攻すると枡形門で反撃ダメージが大きく、総構えのせいで焼き討ちにも強い。マップ戦闘で攻略する場合、土竜攻めや大筒は外門以外には利用できない上に、城門の耐久力は初期状態ですら1777もあり突破は容易ではない。土竜攻めで侵入し内側から3つの外門を破壊して戦闘を中断すれば耐久10700弱になるのでそこから包囲をしたり、ダメージ覚悟で強攻するという手もある。

天守には攻撃できないものの、二の丸から本丸の部隊に攻撃ができる地点があるので活用したい。
巨城.JPG


コメント

  • ほぼ同時刻に2人が別々に同じページを編集した結果、編集合戦のようになってしまいました。確認不足ですいませんでした。 --- (2016/06/24 08:05:19)
  • 全国マップ上で落城させると武将の捕縛もそれなりに出来るのですが攻城マップに移行して落城させると武将の捕縛が出来ないのですがこれってたまたまですか? --- (2016/06/25 13:02:14)
    • 落城と降服の差のせいだと思う --- (2016/06/26 01:40:50)
    • どちらでも捕らえられるよ --- (2016/06/25 16:27:07)
  • 本丸が外堀に面していて一段高い位置にある場合、土竜攻めはできないの? --- (2016/07/06 08:07:30)
  • 以前にどなたか書いたかもしれませんが、攻撃側の時に門を斜めになって攻撃すると、門を防衛している敵兵にダメージを与える事ができる時があります。敵兵が少ない時にやると攻略しやすいです。 --- キョンシー (2016/07/31 14:49:21)
    • 正面からでも射程ギリギリで攻撃してると相手が前進してか攻撃が通ることが結構ある --- (2016/07/31 15:24:05)
      • こんなスーファミ時代のバグ技みたいの使って勝っても空しいよ --- (2016/07/31 23:05:14)
  • 特性や所持戦法によって変動はあるだろうけど籠城会戦の強さの順としては武将視点(射撃)>武将視点(乱戦)>通常視点(乱戦)>通常視点(射撃)と検証した結果、判断したんだけど皆さんはどう戦ってますか? --- (2017/03/12 22:09:43)
  • 合戦での武将視点なんて最初の1,2回試して見る程度でまじめに使うやつなんていねーよ、って、もうこのゲーム何十年も開発してやってりゃバカでもわかると思うんだけどね。 --- (2017/03/14 01:46:50)
    • 弓部隊増やした射撃と高確率混乱の戦法はかなり強いけどね --- (2017/03/16 04:32:46)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-07-31 13:04:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード