政策

  • 勢力の人口10000人以上で実施可能。武家の人口は関係ない模様。
  • 実施は武家ごとに行い、効果も武家ごとに発生する。
  • 無印版・PK版と同じ政策でも実施条件や効果が変更されているものがある。軽微でない変更は緑字で示した。
  内政の仕様変更により、開発効果は投資効果に変更されたが、複合生産施設を使いデメリットを回避することが可能に
  なった。
  • 実施に要する費用は無印版では固定だったが、PK以降では領内の人口によって変動する。ここでは基本値を掲載した。
  • 大名が特性「創造」を持つ場合は創造性に関係なく全ての政策を実施可能(独自政策を除く)。
  • 独自政策はシナリオ開始時に「大名変更」を行った場合でも元の大名家と同様に実行可能。プレイ中に縁組によって別家出身の武将が大名になっても継続して実行可能。
  • 家臣PLAYでも主家が二条城所持し、所持本城数が30になると惣無事令を使用できゲームクリアーとなる。


全大名家が実施できる政策

創造系

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
兵農分離 2500 前提「検地・刀狩令」
常備兵+100%
石高の制限を超えて兵舎が伸長
領民兵-30%
本気で開発するととんでもない兵力に。
敵城を占領した時に創造性が900を切らないように注意。
+10
900~1000
楽市楽座 1500 商業収入+50%
南蛮商人来訪率+20%
堺の商人来訪率-50%
大抵は使い得。
+10
850~1000
検地・刀狩令 1000 収穫+3%
民忠低下時の騒乱発生率-20%
中道・保守の武将の忠誠-1
忠誠低下に注意
-5
800~1000
関所撤廃 1000 人口増加+20/月
取引価格-30%
商業収入-20%
 
+5
750~1000
鉄砲隊強化 1000 鉄砲配備時の攻撃力+10
鉄砲未配備時の攻撃力-10
鉄砲が消耗品でなくなったので、砲術さえ奨励してしまえば常時恩恵を得られる。
---
750~1000
南蛮保護 1000 港収入+100%
南蛮商人来訪率+50%
保守の武将の忠誠-2
 
+10
700~1000
能力主義 500 能力が高い武将(四能力の内一つでも60以上?)の忠誠+3
命令実行時の獲得経験値+20%
能力が低い武将(四能力の全てが60未満?)の忠誠-3
 
---
700~1000

中道系

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
小荷駄隊配備 500 補給時の兵糧消費-40%
陣所で戦う時の効果+10%
労力-20%
中道・創造で実施可能
兵糧補給の効果は「夫役強化」と重複可能?
終盤は労力は余る。大遠征のお供に。
---
300~1000
中央集権 500 創造・中道の武将の忠誠+2
投資効果+10%
民忠低下時の騒乱発生率-10%
保守の武将の忠誠-2
懐柔効果-20%
 
---
300~1000
撰銭令 500 取引価格-30%
懐柔効果+20%
往来・娯楽への投資効果-20%
外交収入-20%
商業系の投資効果が低下
デメリットは南蛮町で回避可能ではある。
+5
300~699
指出検地 1000 収穫+2%
領民兵+10%
すべての武将の忠誠-2
創造性の条件が緩和された。
---
300~699
家臣集住 1500 常備兵+40%
武芸・治安への投資効果+30%
治水・信仰への投資効果-30%
兵数の効果はかなりマイルドになった。かわりに農業系の投資効果が低下。
デメリットは公家町で回避可能ではある。
---
300~699
四公六民 1500 治水・往来・娯楽・信仰への投資効果+20%
商業収入-10%
収穫-1%
創造性の条件が緩和された。デメリットが緩和された。
+10
300~699
目安箱 500 人口増加+10/月
民忠回復量+1
民忠低下時の騒乱発生率+10%
ほぼデメリット無し。予算に余裕があれば是非。河内・和泉・山城では騒乱が発生しやすくなるので何らかのフォローが必須。
+10
300~699
旧領安堵 500 捕縛した武将の登用率+50%
密談効果+1
創造の武将の忠誠-1
 
---
200~699
合従策 500 連合に参加すると、他の参加勢力との信用が自動で増加しやすくなる
連合に参加していない勢力の信用が毎月自動で減少する
中道~保守の範囲で実施できる(若干緩和)
これを実施しても参加勢力の信頼は+2/月しか変わらないので、デメリットを考えて実施する必要はない。
---
0~699

保守系

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
灌漑整備 500 収穫+1%
治水・信仰への投資効果+30%
商業収入-10%
 
+5
0~299
騎馬隊強化 1000 軍馬配備時の攻撃力+10

軍馬未配備時の攻撃力-10
騎馬が消耗品でなくなったので、馬術さえ奨励してしまえば常時恩恵を得られる。
---
0~299
合議制 500 保守の武将の忠誠+3
懐柔効果+50%
支配下の国人衆最大兵数+50%
創造と中道の武将の忠誠-2
保守の忠誠上昇が追加された。
+5
0~299
御用商人 500 堺の商人来訪率+50%
港収入+50%
外交収入+30%
取引価格+30%
取引に頼らないならどうぞ。
---
0~250
寺社保護 1000 民忠回復量+1
労力+30%
南蛮商人来訪率-60%
創造の武将の忠誠-2
民忠低下時の騒乱発生率+20%
 
+10
0~250
所領安堵 1000 全武将の忠誠+2
人口増加+20/月
支配拠点が減ると全武将の忠誠-2
やや高価だが非常に有力。序盤で金銭に余裕が出て来たら実施するとよい。
自分で城を撤去しても忠誠が下がる。
+10
0~200
寄親・寄子制 1500 領民兵+10%
常備兵-30%
大幅に変更。
費用のわりに効果が小さいので非推奨。
---
0~150
兵役強化 2500 領民兵+20%
労力-50%
 
-5
0~100

共通政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
遠交近攻策 2000 全国の大名家への外交が可能になる
遠方の大名家への工作効果+20%
近隣の大名家への工作効果-50%
群雄割拠系シナリオで各地の大名の信用度を20にし、あるいは関ケ原など連合結成時に従属などで大量に加入させ、伝馬制と組み合わせると収入up
---
0~1000
伝馬制 500 外交収入+50%
大名家への工作効果+20%
往来・娯楽への投資効果+30%
治水・信仰への投資効果-20%
遠交近攻策と組み合わせるとよい。
デメリットは公家町で回避可能ではある。
+5
0~1000
夫役強化 250 労力+50%
補給時の兵糧消費-20%
常備兵-10%
兵糧補給の効果は「小荷駄隊配備」と重複可能
序盤の労力不足のお供に丁度よい。
---
0~1000
武家直奏 500 朝廷への工作効果+20%
大名家への工作効果-10%
朝廷による停戦を活用しやすくなる。
---
0~1000
付城戦術 1000 陣所で戦うときの効果+10%
取引価格+10%
補給時の兵糧消費+20%
 
---
0~1000
軍役衆配備 1500 常備兵+20%
商業収入-30%
どの創造性でも実施できるが「兵農分離」と重複できない
---
0~899
惣無事令 --- 政策実施でゲームクリア
条件(京都の二条城/伏見城を支配・本城30以上・最大勢力)
 
---
0~1000

独自政策

  • 特定の勢力のみが実施できる政策。大名のみが実施できる。
  • 独自政策の費用は金500/月(基本値。人口で変動。)。全て創造性に関係なく実行可能だが、前提政策が維持できなくなれば同時にその政策も打ち切られる。

政策 最大
民忠
利点/欠点 備考
竜騎兵配備 --- 鉄砲備の替わりに
騎馬鉄砲備が編成できるようになる
騎馬鉄砲備を編制しないと攻撃力-5
伊達家
騎馬鉄砲備が使えるように。
奨励さえ済めば常に編成できる。
五箇条の訓令 +5 前提「四公六民」
領民兵+10%
人口増加+10/月
武芸・治安への投資効果-30%
北条家
人掃令 +5 前提「検地・刀狩令」
常備兵+30%
大名家への工作効果+20%
支配下の国人衆最大兵数-20%
羽柴家
兵農分離とセットで。この時期には国人衆の兵数はそれほど気にしなくていい。
甲州法度次第 +10 全武将の忠誠+2
領民兵+10%
騎馬配備時の攻撃力+10
往来・娯楽の投資効果-30%
武田家
このゲームで重要な民忠向上は嬉しい。デメリットは薄い。
表裏軍略 --- 大名家への工作効果+30%
陣所で戦うときの効果+20%
外交収入-50%
真田家
使えないと言うか使おうとすると難しくなると言うか。
遠征軍支援 --- 部隊の行軍速度が常に低下しなくなる
補給時の兵糧消費-20%
焼討の腰兵糧獲得量+1
労力-20%
上杉家(長尾家)
終盤の大遠征には一応使える。
今川仮名目録 +10 常備兵+20%
中道・保守の家臣の忠誠+2
創造の家臣の忠誠-2
今川家
デメリットよりメリットの方が遥かに大きい優良政策。
旗本先手役 --- 前提「家臣集住」
常備兵+30%
中道の家臣の忠誠+3
領民兵-10%
徳川家
前提が使いやすくなった。兵力の向上は凄い。
火器集中運用 --- 前提「鉄砲隊強化」
陣所で戦うときの効果+30%
鉄砲備を編制すると攻撃力+10
取引価格+20%
織田家
終盤の大戦争前には制定しておきたい。
王法為本 +5 前提「寺社保護」
領民兵+10%
鉄砲備を編成すると攻撃力+5
創造の家臣の忠誠-3
本願寺家
忠誠度の低下にだけ気を付ければ大きなデメリットは無い。
遊撃兵配備 --- 鉄砲備を編成すると攻撃力+10
領民兵+10%
鉄砲備を編成しないと攻撃力-10
鈴木家
奨励さえ済めば常に編成できる。
傘連判状 +5 領民兵+10%
支配下の国人衆最大兵数+30%
労力-20%
毛利家
労力が余りだしたら民忠目当てで。
一領具足 --- 領民兵+50%
常備兵-80%
治水・往来・娯楽・信仰への投資効果-20%
長宗我部家
人口が多いと有力だが、活用しようとすると特殊な内政が要求される。
切支丹保護 +5 前提「南蛮保護」
人口増加+10/月
創造の家臣の忠誠+3
保守の武将の忠誠-3
大友家
保守の雑魚武将は引き抜かれてもいい、と割り切れば有力な政策。
郷中教育 --- 騎馬備を編成すると攻撃力+5
鉄砲備を編成すると攻撃力+5
命令実行時の獲得経験値+33%
治水・往来・娯楽・信仰への投資効果-20%
島津家(S20では島津宗家)
戦争前にどうぞ。常時制定しておく必要はない。
九箇条掟書 --- 収穫+2%
領民兵+10%
命令実行時の獲得経験値-20%
石田家
獲得経験値は、気にする人は気にするが気にしない人は気にしないもの。好みで。
理世安民 +5 民忠回復量+1
朝廷への工作効果+10%
大名家への工作効果+10%
民忠低下時の騒乱発生率+15%
三好家、細川(晴元)家
三好家戦国伝「義興の死」によって大名が松永久秀になった場合は継続して実行可能(初めから大名が松永久秀のシナリオの場合は実行不可)
事実上デメリットは無い。余裕があれば民忠目当てで。
佐竹流砲術 --- 鉄砲備を編成すると攻撃力+10
常備兵+20%
労力-20%
佐竹家
労力が余り始めれば、戦争前には有力。
内治外謀 +10 投資効果+15%
港収入+30%
密談効果+1
補給時の兵糧消費+10%
最上家
民忠目的で。戦争前に切るか切らないかは悩み所。
大名専政 -10 常備兵+30%
武芸・治安への投資効果+20%
民忠低下時の騒乱発生率+20%
龍造寺家
軍団制が廃止され、単に兵力増強する効果になった。
各種施設や自然向上で民忠をフォローできるなら・・・。

  • 最終更新:2016-10-03 13:10:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード