野戦・城攻め

部隊

部隊の編成には最低一人を大将とし、さらに二人までの副将を付ける事が可能で、最大計三人の武将で部隊を編成できる。
所属する城で砲術・馬術の概念を奨励することで、該当する兵科を一つずつ配備できる。
牧場、鉄砲鍛冶を一つ建設する毎にさらに一つ該当の兵科を配備できる。


城攻め

城攻めの方法は「包囲」、「強攻」、「焼討」の三種類があり、城攻めの際は部隊が城に到着した際は基本的に味方部隊が城を「包囲」するが部隊をクリックすることにより上記三種類の攻城方法に変更させる事ができる。
城攻めに参加できる部隊数は援軍を含め三部隊と国人衆合わせ、最大計四部隊。その部隊以外は城の前の道に待機する。

城が落城する要因は、
1.包囲によって士気ゲージが0になる。
2.兵数が0の状態で敵に包囲される。
3.城主が降伏する。

2に関して、
2-1.戦国伝を進めるために敵が城の全兵力で出陣している場合
2-2.強攻によって城の耐久を0になった後、城に残る兵が0になった場合
2-3.焼討によって民忠と兵舎が共に0になった場合
2-4.攻城戦で防衛側が壊滅したときに、攻城戦画面を閉じた場合
によって発生する。

2-1は実行した場合、多くの戦国伝は即座に失敗になる。
2-3は後詰が期待できない極小勢力同士の城攻めにおいて有効な場合がある。

降伏

落城を前に城主が降伏すると攻城勢力に城を明け渡す。
城主や城代を含め大半の武将が捕虜として捕らえられる。
城主や城代が出陣していると発生しない。
城主や城代の能力・忠誠、包囲軍の規模、防衛側の救援の有無が影響する。
城主や城代が特性「籠城」、「籠城達人」を持っていると絶対に降伏をしない。

包囲

城攻めの基本となる。
包囲を成功させる為には、包囲する城の耐久よりも多くの兵力で包囲しなければならない。
包囲が成功すると城の士気が徐々に下がっていき城の士気が0になると城は陥落する。
包囲する部隊の兵力が多ければ多い程、城の士気の減りが早くなる。
包囲中は包囲されている城の耐久と兵数が減少することはない。
改修によって城に櫓台(やぐらだい)が建設されていると、城が包囲されている間包囲側の兵数が減少する。
さらに攻城部隊、包囲されている武将の特性により士気の減少速度が上下する。
包囲されていても城からは出陣できるが、城前に敵が3部隊展開していると出陣できない。
包囲されていると人口の減少が起こる。(不十分の場合も同様)
またその城からの金や米は当然入らない。

強攻

強攻を行うと城の耐久力と耐久力が0になった場合兵力を減少させる事ができるが包囲側の兵力も減少する。
兵の損耗を避けるよりも早く落城させることを優先するときに有効。

焼討

焼討は城の開発度や民忠を低下させ攻城部隊の腰兵糧を回復させる。
焼討を進めると徐々に城の施設が破壊されていく。
また、人口の減少も大きい。

落とした城の所属

大名プレイの場合

どの武家・軍団が落としてもすべて大名家の所属になる。
援軍によってほかの大名が単独で落とした場合、ゲーム難易度が下級や中級のときは城を譲ってくれる場合がある。
捕虜は譲ってくれないため注意
逆に味方大名の援軍要請を受諾して城を落とした時は城を譲るよう要請がある(断ることもできるが関係が悪化する)。
上級以上の場合は落城時に自家の部隊があれば自家のものになる。
自家の部隊がたどり着く前に落城・降伏した場合は譲ってくれない。
援軍を呼んでいない状態で同盟・停戦している大名と共同で城を落とした場合は、
落城時に包囲している一瞬でも早く城にたどり着いた部隊の大名の所属になる。
敵部隊を自家と同盟国で挟撃している時、
敵部隊が撤退した後先に城に到達する要素として、
1.道路の整備状況(言うまでもなく道が太いほど行軍は速い)
2.敵部隊の向き(敵部隊の正面にいた部隊は他の部隊よりも一瞬出遅れる事がある。
などが影響する模様(詳しい検証求む)


城主プレイの場合

最も兵数の多い部隊の所属する武家が落としたことになる(捕虜を手に入れられる)。
軍団長プレイで攻略目標の大名の城を落とすときも最も兵数が多い部隊が自武家でなくてはならない。


野戦

攻城戦と違い、道の拡張レベルに応じて部隊展開数が変化する。
部隊はたとえ100であろうが一万であろうが、1部隊は1部隊として処理される。

・道上での遭遇戦の場合(国人衆も含む)
道レベル1~2……双方2部隊しか展開できない。
道レベル3~4……双方3部隊まで
道レベル5  ……双方4部隊

ただし戦場は別で、城攻め同様に4部隊が展開できる。
(部隊展開数は道ごとに準拠するため、戦場防衛側の戦闘可能部隊数が4になるが、攻撃側は道レベル展開数に影響される)

挟撃

敵部隊を別の道、もしくは後方より別部隊が挟みこむ事で効果が生まれる。(何方向からの攻撃でも効果は重複しない)

正面決戦では効果は出ない。
また、道の拡張レベルにより展開できない場合は、背後の1部隊のみが戦闘に参加する。

例)道レベル1の場合。
・正面2部隊vs敵1部隊の場合、後方からの別部隊が攻撃……正面が1部隊のみ参加となり、後方の別部隊が戦闘に参加する。
・正面1部隊(国人衆あり)vs敵1部隊の場合、後方からの別部隊が攻撃…………戦闘に参加していた国人衆が消える。

敵の攻撃力防御力が低下する。(実際には、敵の攻撃は弱体化した状態で部隊数に分散されるので、被害は半減する)

陣所

陣所を築いた要所の上に部隊を配置することで優勢効果をもたらす。

会戦とマップ戦で効果が異なる。
・合戦……陣所マップでの戦闘が行われる。攻城戦同様に防衛側がかなり有利になる。
・マップ……自軍の攻撃力防御力が上昇する。

コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-06-28 00:33:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード